自己PRの無料作成も含めて大手人材企業が看護師の転職をフルサポート!

第1位:ナースフル ※転職のプロが100点の自己PRを作成!




第2位:マイナビ看護師     ※職務経歴書も面接同伴もお任せ!




第3位:看護roo!(カンゴルー) ※人材系で有名な大手の転職サイト!



看護師の自己PR

看護学校を卒業して無事に国家試験にも合格しこれから病院などに入職したり、これまで勤めていた病院を辞め新たな転職先を探す看護師の方もたくさんいると思います。そんな看護師の方にとって自己PRは履歴書や面接でも、最も採用担当者が重視するポイントです。

しかし意外にもどうすれば自分を売り込むことができるのか、分からない看護師の方も多いようです。なかには履歴書の自己PR欄に何も書かずに、空白にしたまま提出する看護師もいると聞きます。新卒でも転職でも採用を勝ち取るためには、自己PRは欠かせません。

そこで今回は効果的な履歴書の自己PRの書き方と、面接での自己PRの仕方をご紹介します。まず履歴書の自己PRの欄ですが新卒の場合は転職とは違い、これまで看護師としての経験などは当然ですがありません。そのため看護師としての経験や仕事を自己PRに書くわけにはいきません。

そのため看護学校での頑張りや、自分の性格などを書いても構いません。例えば「看護学校での実習などは最初は大変でしたが、持ち前の明るさで乗り越えるができました」とか、「人の接することが好きで学校では他の学生だけでなく、先生や職員の方ともよく会話をしていました。そのため実習で担当した患者さんとも気軽にお話しすることができました」などです。

面接での自己PRも同じで自己PRに書いたように明るさが取りえであれば、明るく元気さをアピールしましょう。また「チームワークを大切にして、他のスタッフと方々とも、協調性を大事にして仕事ができるます」など、チームワークや協調性を強調するのも大事なポイントです。

転職の看護師の方の場合はやはりこれまでの看護師としての経験を、履歴書に書いたり面接で自己PRすることが大事です、ただしその場合にただこれまでの経験を書くのではなく、求人している病院や診療科に役立つような自己PRを記入すればよりアピールできるはずです。

例えば循環器の求人であれば、「これまでペースメーカーの患者さんの介護の経験もあり、貴病院でもこれまでの経験を活かした手術介護など頑張っていきたいと思います」などや、介護などの仕事の場合は「介護施設での経験はありませんが、病院に入院されている患者さんに高齢者の方が多かったので、お年寄りへの対応には自信があります」などと履歴書に書いたり面接で自己PRするようにしましょう。

看護師の自己PRは看護師という仕事だけではなく、自分自身の自己アピールをするのがポイントです。

Copyright (C) 2007-2015 看護師の自己PR. All Rights Reserved.