看護師と準夜勤

看護師の仕事も入院患者さんがいない個人病院や、クリニックなどの場合は夜勤などありません。しかし入院患者さんがいる場合は、当然ですが夜勤が欠かせません。夜勤がある病院も普通は2交代制か、3交代制の勤務シフトになっています。

2交代制の勤務シフトの場合は日勤と夜勤ですが、3交代制の場合は日勤・準夜勤・深夜勤の3つのシフトに分かれています。準夜勤の時間帯は病院によっても多少違いますが、夕方の16:30から深夜の00:00までか、16:00から00:30までのところが多いようです。

この勤務シフトは普通は、看護師の勤務希望などを聞き看護師長によって作られます。看護師の勤務希望の他に入院患者さんの人数や症状や、検査や治療の内容などを考えて作るので大変です。そのため今でも看護師長が1回1回、自分でコンピューターに入力したりしています。

勤務シフト表は前月末に看護師に手渡しされますが、看護師長によって勤務シフトの組み方の上手、下手があるようです。勤務シフトの組み方が上手な看護師長であれば問題ありませんが、そうでないとやはり働いている看護師からの評価は厳しいものがあるようです。

たとえば準夜勤から日勤という勤務シフトの場合ですが、準夜勤の時間帯は基本的に夕方から深夜の00:00までです。準夜勤の場合は残業も多く深夜の00:00から00:30までの勤務シフトですが、帰宅して寝れるのは午前1時過ぎです。

それと直ぐに寝ることができればよいのですが、一種の興奮状態にあるのでなかなか寝付けないこともあります。なかには寝酒などで強引に眠ろうとする看護師もいますが、翌日の日勤に寝過ごさないようにと心のどこかに心配があります。そのため睡眠も浅く翌日の日勤でも、ヒヤリハットを起こしやすいことが分かっています。

実は看護師の勤務シフトのなかでは日勤から深夜勤という組み合わせが、看護師から最も嫌われる組み合わせです。日勤から深夜勤まで睡眠を取ろうと思っても、十分な睡眠がなかなか取れません。看護師の転職の理由には、この夜勤が原因の場合も少なくありません。

そのため最近では看護師の転職支援サイトなどで、準夜勤専従の看護師の求人案件を目にします。たとえばある都内の病院では交通費やタクシー代は別途支給で、日給1万円からで準夜勤専従の看護師を探しています。もしパートやアルバイトを探している看護師の方で興味があれば、このような転職支援サイトに尋ねられては如何ですか。

看護師の求人を精神科に絞って探すなら アポプラスメディカルジョブ ※公式

Copyright (C) 2007-2015 看護師の自己PR. All Rights Reserved.